アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談

アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談

私の友人ですが、東京で責任のある仕事をしている人がいます

男性 39歳
私の友人ですが、東京で責任のある仕事をしている人がいます。大変な仕事のプレッシャーから解放されるために、時間ができれば有給をまとめて使って、バックパック旅行をするのが趣味という、ちょっと変わった女性です。

彼女が好きなのは、アジア方面の観光地化されていない農村部などに、フラッと行く旅行だそうです。
帰国して、うちに遊びに来る時には必ず、その時に撮影した写真やお土産を持ってきて話をしてくれます。毎回、ハラハラしてしまうような場面に遭遇しているようで、その都度、複数で旅行するとか、安全な場所を選ぶようにと忠告しても絶対に聞き入れてくれないのです。

今までで一番驚いた貧乏旅行は、中国の田舎に行った時に、宿泊できる場所がなくて野宿をしたというエピソードでした。
お金を持っていると襲われる可能性があるので、なるべく現地の人に思われるような服装をして旅行をしていたけれど、やはり付け焼刃の中国語ではスムーズに行かなくて、その日の宿泊場所を確保できなかったそうです。
それで仕方なく野宿したようですが、その時に変な虫にあちこち刺されて、その後高熱を出して中国で倒れて入院となったそうです。

そういった怖い体験も、終わってしまえば彼女にとっては笑い話のようで、これからもアジア方面への貧乏旅行は続けるようです。

関連キーワード

Copyright (C)2017アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談.All rights reserved.