アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談

アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談

大学の卒業も決まり

男性 63歳
大学の卒業も決まり、春からは社会人として毎日働き詰めとなるのを前に、最初にして最後の海外貧乏旅行をすることにしました。

過去に韓国に1度だけ、ツアーで友人と海外旅行をした経験があったのですが、思い切って1人旅をしてみようと思ったのです。

しかし、そんな計画を立てている私の話を聞いた友人がそれに賛同し、急遽2人旅となりました。

予算的に考えますと、旅行先はアジア地域に限られます。バックパッカーがたくさん訪れる先を調べて、決めた旅行先はシンガポールとマレーシアでした。
友人と決めた約束事としては、名所や興味深い場所を見つけたら、時間の許す限りゆっくりとそこで楽しむことにしました。

約2週間の旅のスタートは、シンガポールからでした。
当初は、勝手が良く分からず、寝床を決めることにばかり頭が行っていたのですが、結構ユースホステルや安宿がある事を確認できると、旅そのものを楽しむ余裕も出てきました。
基本はバス移動なのですが、ビーチに行く為にフェリーに乗り込み、自然豊かな所には徒歩でと、体力的には結構つらいものがありました。

ただし、ビーチでの一時は特に楽しく、ビンタン島ではほぼ1日をそこで過ごしたほどです。

そんな適当な計画で進む貧乏旅行も、マレーシアに入り終わりを迎えたのですが、ユースホステルでの各国の若者との交流が、実は1番の旅の収穫になったと思っています。安酒を購入し、拙い言葉で意思の疎通を図ろうとするのですが、時間が経つごとに言葉はどうでも良くなり、ボディランゲージで相手に伝えようとし始めました。
そして結構通じることで、何とかなるものだなという事を、身を持って知ることができました。

関連キーワード

Copyright (C)2017アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談.All rights reserved.